詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第24問】

目次

3手詰の問題【第24問】

3手詰の詰将棋の問題(第24問)

[第24問]





(もう少し下に解答・解説があります。)





第24問の解答・解説

3手詰の詰将棋の解答(第24問)

[第24問の解答]

▲2二銀不成 △2四玉 ▲2三竜 までの3手詰。

攻め方(詰まそうとする側)にも玉がある、
双玉(そうぎょく)問題です。

飛車と馬が迫っているので、簡単に詰みそうですが、
▲2二銀成として△3三合 ▲2三馬を狙っても、
△3三角の合駒(下図)が逆王手になるため、▲同飛成と取るしかなくなり、
△同金で手順に2三に利きを足されて詰まなくなります。
3手詰の詰将棋の解答2(第24問)
よって、▲2二銀『成』では不正解です。

△3三角を防ぐためには▲2二銀不成と両王手にする必要があります。
両王手に対しては合駒をする余裕がないので、△2四玉と逃げるしかありませんが、
▲2三竜と回って△2五玉を防げば詰みとなります。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -