詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第26問】

目次

3手詰の問題【第26問】

3手詰の詰将棋の問題(第26問)

[第26問]





(もう少し下に解答・解説があります。)





第26問の解答・解説

3手詰の詰将棋の解答(第26問)

[第26問の解答]

▲2一金 △同馬 ▲2三桂 までの3手詰。

持ち駒に金と桂があるので、金を温存して初手▲2三桂は考えられますが、
△同馬の後に▲2一金と捨てるくらいしか王手がなく、
以下、△同玉 ▲3一金 △1一玉で1枚足りません。

初手は先に▲2一金と捨てるのが正解です。
△同玉は▲3一飛成で詰みとなりますが、
この手順持ち駒の桂が余るので、変化手順となります。

1二に馬を残したまま、2一に玉を引っ張り出すと、
▲3一飛成に対する△1二玉の脱出を防ぐことができます。

よって、2手目に△同馬と取りますが、▲2三桂と打って詰め上がりです。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -