詰将棋:5手詰の問題と解答・解説
【第9問】

目次

5手詰の問題【第9問】

5手詰の詰将棋の問題(第9問)

[第9問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第9問の解答・解説

5手詰の詰将棋の解答(第9問)

[第9問の解答]

▲1三角 △同玉 ▲2三金 △1四玉 ▲1一飛成 までの5手詰。

まず、3一の飛車を取られてしまうと戦力不足になりそうですから、
3一の飛車を取られても詰む」か
3一の飛車に紐を付ける」ように王手をすることを考えます。

前者は▲2三歩成のような手になりますが、△同玉と取られると、
そのまま上部に逃げられてしまいます。
他に、▲3三金は△3一玉 ▲5三角 △2一玉で少し足りません。

そうなると、飛車に紐を付けながら王手をすることになりますが、
▲3二金や▲2一金だと△1三玉と逃げられたあとに、捕まりません。

ここは、少しもったいないようですが、▲1三角と打って、
飛車を守りながら、持ち駒に金を残し、玉を端に追いつめるようにします。

△1三同玉のあとは、2四の歩を守る必要があります。
▲3三飛成は有力そうですが、△1四玉と上部に逃げられると捕まりません。
よって▲2三金と打ちますが、玉方の2五の歩のおかげで、
竜(飛車)で下から王手をする形であれば、△1四玉までは逃げられても大丈夫です。
▲2三金のおかげで、1三に合駒をすることもできないため、
正解手順までで詰みとなります。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -