【将棋用語】
俗手

将棋用語一覧リンク

「俗手」の詳細

将棋用語
俗手
読み方
ぞくしゅ
説明
誰でも思いつくような分かりやすい手。
数の足りている拠点に持ち駒を打つ場合に使われることが多い。
用例
【将棋用語】「俗手」で攻めることが好手な部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が2筋を押さえ込んでいるが、2三の地点は「先手の飛歩 vs 後手の金銀」で「2対2」の状態となっている。ここで、先手が▲2三銀と持ち駒の銀を打ち込むことで「3対2」の状況に変わり、数の攻めが成功して2筋を突破することができる。▲2三銀のように数を足すことは、将棋の基本で、すべての対局において現れる攻め方であるため「俗手」と言われる。
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -