【将棋用語】
切れる

将棋用語一覧リンク

「切れる」の詳細

将棋用語
切れる
読み方
きれる
説明
①攻めが続かなくなること。「指し切り」と同じ意味になる。
多くの場合、攻めが「切れて」しまうと、相手に多くの駒を渡した状態であるため、相手からの反撃が厳しくなって、形勢を損ねることが多い。
②「歩が切れる(切れている)」という表現の場合は、「持ち駒の歩がなくなる(ない)」あるいは「ある筋から盤上の歩がなくなる(=歩を打つことができる状態)」という意味になる。
用例
「攻め間違えて、切れてしまった。」
「持ち駒に歩が切れているので香を打つ。」
「この筋の歩が切れたので、底歩を打つ。」
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -