【将棋用語】
利かし

将棋用語一覧リンク

「利かし」の詳細

将棋用語
利かし
読み方
きかし
説明
後の効果に期待して、一時的に行う局地的な攻め。
その攻めだけで大きな戦果が上がることはないが、相手の好形を崩したり、受けに持ち駒を使わせることで戦力を削いだりする狙いがある。
例えば、囲いの金駒を剥がそうとする前に、端歩を突き捨てておくことは「利かし」と言える(端ばかりを攻めて突破しようとしている場合を除く)。特に、歩を1枚使って、垂らしたり、叩いたり、突き捨てたりして、どう応じても(あるいは応じなくても)形が崩れるような場合は、「1本利かす」のように言われる。
攻めている側から見た場合は「利かす」「利かしを入れる(いれる)」、受けている側から見た場合は「利かされる」、客観的な立場から見た場合は「利かしが入る(はいる)」のように言われる。
用例
「ここで端歩の利かしが入ったのは大きい。」
関連用語
関連手筋

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -