【将棋用語】
即詰み

将棋用語一覧リンク

「即詰み」の詳細

将棋用語
即詰み
読み方
そくづみ
説明
特に玉について、次に取られる状況になっているにも関わらず、どのような指し手を選んでも取られることを回避できない状態。あるいは、取られることをしばらくは回避できるものの、相手が取ろうとする手を続けることで、いずれは回避できなくなる状態であること。
基本的には「詰み」と同じ意味になるが、ルールに関する話をする場合には「即詰み」という単語を使われることはほとんどない。また「即詰みに討ち取る」という表現は「詰ます」と同じ意味になる。
用例
「▲3二金以下、後手玉は即詰みだ。」
「自玉は詰まなかったのに、受け間違えて即詰みに討ち取られてしまった。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -