【将棋用語】
幽霊角

将棋用語一覧リンク

「幽霊角」の詳細

将棋用語
幽霊角
読み方
ゆうれいかく
説明
角が端(1筋または9筋)の五段目に飛び出すこと。あるいは飛び出した角のこと。
特に、先手で▲9五角、後手で△1五角と飛び出す場合に使われることが多い。角の「覗き」の一種であるが移動先となる場所が限定されている。
「幽霊角」は相手陣への角の利きによって、駒取りや角成りを見せて先手を取ることが主な狙いとなる。そもそも相手が端歩を突いていると成立しないという条件はあるが、「幽霊角」を出た方が手番を握っているため、「幽霊角」を出た後に角取りで端歩を突いても間に合わないことが多い。
用例
【将棋用語】「幽霊角」を出た部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が7七にいた角を▲9五角と出た部分図。この角が「幽霊角」と言われているが、次に7三の桂取りになっている。後手は△7二飛や△8三飛のように桂取りを受けることとなるが、飛車取りに銀を打っていけば先手からの攻めが続くため、後手は△9四歩~△9五歩と指す余裕がない。
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -