【将棋用語】
当たり

将棋用語一覧リンク

「当たり」の詳細

将棋用語
当たり
読み方
あたり
説明
駒の利きに相手の駒があること。あるいは複数の駒の利きが周辺にあること。
前者の場合「当たりがある」「当たっている」のように使われ、手番であれば、駒を取ることができる状態であるとも言える。特にタダで取れたり、有効な質駒となったりしている場合に使われることが多い。
後者の場合「当たりが強い」のように使われ、駒がもう少しで取れそう(取られそう)であったり、玉に対しては有効な王手がかかりやすかったりする状態である場合に使われることが多い。
用例
【将棋用語】相手の駒に「当たる」ように飛車打つ

[図1]

上の [図1] は、先手が▲8二飛と桂に当てて飛車を打った局面。桂を取った手が香当たりにもなる。
関連用語
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -