【将棋用語】
手になる

将棋用語一覧リンク

「手になる」の詳細

将棋用語
手になる
読み方
てになる
説明
指し手が有力であること。
特に、攻めの手に対して、一目では浮かばなかったり、少し無理気味であったりしたものの、有力な変化が見つかった場合に使われることが多い。
用例
「この銀打ちは手になっている。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -