【将棋用語】
手厚い

将棋用語一覧リンク

「手厚い」の詳細

将棋用語
手厚い
読み方
てあつい
説明
相手の指し手が難しくなるように、ある地点や範囲において、多くの駒やその利きを集めること。また、そのような指し方。
攻めに関して使われる場合、数の多さを生かして次々と駒が進んでくるため、相手にとっては受け切ることが難しくなる。
守りに関して使われる場合、自玉周辺に馬や金駒を密集させることで、拠点を作られにくくなったり、相手の攻め駒を進めづらくしたりなるため、相手にとっては攻め切ることが難しくなる。
「厚い」は1局面における状態(陣形)を主に表すが、「手厚い」は指し方を表しているという違いがある。「手厚い将棋」は相手の仕掛けを封じるように、自分の駒の連携を保ちながら少しずつ動かしていくため持久戦になりやすい。例えば、相矢倉は「手厚く」なりやすい戦型である。また、駒落ちの上手(うわて)のように、すべての歩や金駒を少しずつ押し上げていくような指し方も「手厚い」と言える。
用例
「金駒を打っていくのは非常に手厚い指し方だ。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -