【将棋用語】
捌く

将棋用語一覧リンク

「捌く」の詳細

将棋用語
捌く
読み方
さばく
説明
盤上にある自分の駒をうまく活用すること。
特に、盤上に残ったままになりやすい駒を、何らかの形で攻めに役立てる場合に使われる。着目される駒としては飛車・角・桂が多い。
飛車と角については、それらが序盤で比較的狭くなりやすい(動きづらい)戦型であることも考慮される。例えば、角道を止める振り飛車は、序盤の駒組みの段階で、飛車や角が前に進みづらい状態であることが多いため該当する。そして、駒がぶつかって戦いが始まった後に、飛車や角が押さえ込まれてしまうことなく、相手陣に成り込んだり、相手の大駒と交換したりすると「捌いた(捌けた)」と言える。この場合「飛車を捌いた」「角を捌いた」「大駒を捌いた」「攻め駒を捌いた」のように使われる。逆に「捌いた(捌けた)」と言えない例としては、飛車が縦横に多く移動する相居飛車の横歩取りで「飛車を捌いた」、序盤早々いきなり角交換をする相居飛車の角換わりで「角を捌いた」などが挙げられる。しかし、横歩取りでも角が狭い状態から活用できれば「角を捌いた」、角換わりでも飛車を押さえ込まれた状態から活用できれば「飛車を捌いた」のように、駒単位で判断して使われることはある。
桂については、戦型を問わず2回(五段目まで)跳ねれば、相手陣への利きがあることもあり「捌いた(捌けた)」と言えることが多い。もちろん、(最初から盤上にあった桂が)相手陣に成り込んだり、相手の駒と交換になったりしても「捌いた(捌けた)」と言える。
また、自陣に残ってしまった駒についても、その駒を取らせている間に攻めることができる場合、取らせた駒が「(攻めるための)手を稼ぐ」という働きをしたため「捌いた(捌けた)」と言われることがある。
「捌き」は、特に振り飛車を指す場合に求められる指し方であり、振り飛車党のトッププロである久保利明(くぼとしあき)先生は「捌きのアーティスト」と呼ばれる。飛車や角が押さえ込まれないことはもちろんだが、左桂や左香まで攻めに活用できていることも多く、圧倒的に遊び駒が少ない。忙しい中盤戦でも、すべての駒に気を配り、活用するタイミングを常に計っているからこそできる高度な指し方である。これがアマチュアの振り飛車党だと、飛車や角が攻めに参加できたとしても、終局時に、(囲いの一部ではないのに)初期位置から動いていない駒や働きの弱い駒が増えることとなる。
用例
「振り飛車は左桂を捌くことが大事。」
【将棋用語】第67期王将戦七番勝負 第3局 久保利明 王将 対 豊島将之 八段で「捌いた」局面

[図1]

上の [図1] は、2018年2月3日から4日にかけて行われた第67期王将戦七番勝負 第3局 久保利明 王将 対 豊島将之 八段の対局で、97手にて後手の豊島八段が投了し、久保王将の勝ちとなった終局図。
先手で初期局面から動いていない駒は5七の歩1枚だけである(3七の歩は途中で打ったもの)。後手陣にそのまま桂香が残っていることと比較すると、先手は働かなかった駒がなく、きれいに「捌けている」ことが分かる。
もちろん、久保王将であっても、急戦で一部の駒が残るような展開になることはあるが、上記のように100手を超えない対局でもすべての駒をうまく働かせることが多く、「捌き」の技術に長けていることがよく分かる。
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -