【将棋用語】
最善手

将棋用語一覧リンク

「最善手」の詳細

将棋用語
最善手
読み方
さいぜんしゅ
説明
局面において、手番側が最も良い形勢となる手。
形勢が良くなる手がなければ、形勢を維持する手が最善手となる場合もある。
少なくとも、相手玉に詰みがある場合には詰ます手、自玉に詰めろがかかっていて相手玉が詰まない場合は詰めろを回避する手が最善手になるが、序中盤の押し引きの中では何が最善手かという判断が難しいことも多く、また複数の手が同様に最善手であると考えられる場合も多い。
近年では、強豪のコンピュータソフトが最も高い点数を出した手が最善手と言われることもあるが、将棋はそれほど簡単なものではない。
用例
「この局面で最善手を指さないと一気に劣勢になる。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -