【将棋用語】
詰み

将棋用語一覧リンク

「詰み」の詳細

将棋用語
詰み
読み方
つみ
説明
次にどのような指し手を選んでも駒が取られてしまう状態。あるいは、取られる側が、どのような応手を指しても、そのようになることを避けることができない状態。特に断りがなければ玉に対して言っていることとなる。
玉の詰みの場合、例外として、玉以外の駒をすべて取られている状況(全駒)では、王手がかかっていなくても詰みになることがあり得る。玉が詰みとなった状態で終局となり、それ以上指すこと(王手を放置したり、玉を差し出したりするような指し手)はルール違反となる(もちろんマナー違反でもある)。
実戦上は「玉が動けなくなる詰み」まで指すことは少ない。また、王手の連続で詰みになる状態(詰ましている途中)を「詰み」と言うことの方が多い。その場合は「即詰み」と同じ意味になる。
用例
「この局面では角打ちから詰みがある。」
「銀を打たれると飛車が詰んでいる。」
関連用語
関連手筋
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -