【将棋用語】
謝る

将棋用語一覧リンク

「謝る」の詳細

将棋用語
謝る
読み方
あやまる
説明
相手の攻めを単純に受けるだけの手を指すこと。「ごめんなさい」と同じ意味になる。
特に相手の攻め駒が前進してきた状態で、自陣に成駒を作られてしまうことを防ぐためだけに、自陣に持ち駒の歩を打つ場合に使われることが多い。しっかりとした受けの好手というよりも仕方ないという部分があり、さらに前の局面で最善手を逃しているから攻め込まれてしまったといった意味合いも含んでいることも多い。
部分的に突破を防ぐことができたとしても、その筋で歩を攻めに使えなくなったり、自陣に打った歩が自玉の逃げ道を塞いだりするなど、デメリットも多い。
用例
【将棋用語】端を「謝る」局面

[図1]

上の [図1] は、先手が端を詰められていて、次に△1七歩成から清算されると玉を薄くされてしまう。ここは、端を受けるだけの手で自玉も狭くなってしまうが、▲1八歩と打って謝っておく。
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -