【将棋用語】
都詰め

将棋用語一覧リンク

「都詰め」の詳細

将棋用語
都詰め
読み方
みやこづめ
説明
玉が5五の位置で詰むこと。
盤の中央という印象的な位置であることから、名前が付けられている。そもそも玉が5五に移動することが少なく、また5五の周囲8マスすべてに逃げることができない状況も少ないので、実戦で現れることはまれである。
創作詰将棋の最終形(詰め上がり)のテーマとして取り入れられることがある。
用例
「入玉を目指したが、都詰めとなった。」
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -