【将棋手筋】
打ち捨て

手筋一覧リンク

「打ち捨て」の読み方

うちすて

「打ち捨て」に関連する主な駒

「打ち捨て」の出現頻度

★★★☆☆

「打ち捨て」の説明

次の相手の手番で、タダで取られてしまうマスに持ち駒を打つこと。結果的に相手が(タダで)取らずに逃げたり、あるいは別の手を指したとしても「打ち捨て」と言える。
基本的には駒損をするので目先はマイナスであるが、相手の良い形を崩すことで、攻め込んだり、受けやすくしたりするのが主な狙いとなる。
通常、駒の名前と併せて「銀を打ち捨てる」のように使われる。しかし、ほとんどの場合、打つ駒は「歩」であるため、「打ち捨てる」とだけ言った場合は「歩を打ち捨てる」と同じ意味になることが多い。

「打ち捨て」の例

【将棋手筋】歩の「打ち捨て」で飛車を成り込むことができるようになる部分図

[図1]

上の [図1] は、▲8三飛成と成り込むことはできるが、△8二歩を受けられて、自陣に引くようでは面白くない。ここは、▲7二歩と、金取りに歩を「打ち捨てる」のが手筋である。△同金でも、あるいは金が6筋に逃げても、8一の桂が離れ駒となるため、▲8一飛成と桂を取りながら一段目に竜を作ることができる。

「打ち捨て」に関連する用語

「打ち捨て」に関連する手筋

「打ち捨て」に関連する格言


 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -