【将棋手筋】
控えの桂

手筋一覧リンク

「控えの桂」の読み方

ひかえのけい

「控えの桂」に関連する主な駒

「控えの桂」の出現頻度

★★★☆☆

「控えの桂」の説明

次に跳ねる手が厳しくなるような場所に持ち駒の桂を打つこと。
桂は機動力が高いので、打った時点では相手の駒から離れていて狙われにくいことが多い。また、次の桂跳ねで金駒の両取りがかかるような狙いがある場合、相手にとっては駒損となるため、受けてもらえる可能性は高い。そして、相手が桂跳ねを防いだ結果、当初の狙いがなくなったとしても、桂という戦力を手順に盤上へ投入できている点はプラスであることが多い。
「桂は控えて打て」という格言でも表されている。

「控えの桂」の例

【将棋手筋】「控えの桂」を打った部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が▲2六桂と「控えの桂」を打った部分図。次に▲3四桂と跳ねると角金両取りになる。▲3四桂を直接防ぐならば△3三金か△3三玉しかないが、これらは形が悪すぎる。よって、後手は角や金を逃げることになるが、先手が桂を打っただけで後手に舟囲いを崩してもらうことができる。
尚、実戦で▲2六桂と打つ段階においては、後手の持ち駒に銀があることが多く、「桂先の銀定跡なり」で△2五銀と打って、桂取りを見せつつ、▲3四桂を防ぐ展開になる。

「控えの桂」に関連する用語

「控えの桂」に関連する格言


 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -