【将棋手筋】
逆王手

手筋一覧リンク


「逆王手」の詳細

手筋名称
逆王手
読み方
ぎゃくおうて
主な関連駒
出現頻度
☆☆☆☆
説明
王手をされた側が玉を逃げるか、あるいは、合駒をすることによって、先に王手をした側の玉に対して王手がかかること。
攻防手の1種であり、攻守が入れ替わることも多い。
好手例
【将棋手筋】玉が移動することで「逆王手」となる局面

[図1]

上の [図1] は、先手玉に王手がかかっているが、▲8九玉とかわすと、9九にいる香の利きが通って、後手玉に「逆王手」がかかる。また、珍しい形だが、王手飛車取りでもある。さらに△8七玉と、玉の移動で王手飛車取りを受けることができるのも珍しい。
【将棋手筋】王手に合駒をすることで「逆王手」となる局面

[図2]

上の [図2] は、先手玉に王手がかかっているが、▲8七角と打つと、その角の利きで後手玉に「逆王手」がかかる。これで攻守交代となることも多いのだが、この局面では▲8七角の「逆王手」に対して、△7六桂と打つとさらに先手玉に「逆王手」がかかり、そのまま先手玉が詰んでいる。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -