【将棋格言】
金は斜めに誘え

格言一覧リンク

「金は斜めに誘え」の詳細

格言名称
金は斜めに誘え
読み方
きんはななめにさそえ
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
金は斜め後ろに進むことができないため、斜め前に進ませて形を崩せば、すぐには元の良い形に戻ることができない、ということ。
「金は引く手に好手あり」という格言もあるが、逆に言うと、相手の金を上ずらせることは好手になりやすいということでもある。
好手例
【将棋格言】「金は斜めに誘え」で高美濃を崩す部分図1

[図1]

上の [図1] は、後手の高美濃がしっかりとしているようだが、▲7五歩と突いて、△同歩に▲7四歩と打つ(下図)。
【将棋格言】「金は斜めに誘え」で高美濃を崩す部分図2

[図2]

上の [図2] から、桂を逃げれば▲7三香と打ち込んで金駒を剥がすことができるし、△同金ならば「金は斜めに誘え」が実現して▲6三香と打つ攻め筋が生じる(下図)。
【将棋格言】「金は斜めに誘え」で高美濃を崩す部分図3

[図3]

上の [図3] では、飛車の利きがあるので△同銀と取ることはできないし、△7一金と逃げても▲6二香成とすれば、やはり金駒を剥がすことができる。
【将棋格言】第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負 第2局 渡辺明 棋聖 対 藤井聡太 七段で「金は斜めに誘え」とされた手を指した局面

[図4]

上の [図4] は、2020年6月28日に行われた第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負 第2局 渡辺明 棋聖 対 藤井聡太 七段の70手目に後手の藤井七段が△7五桂と打った局面。先手は8七の金を逃げるしかないが、▲9七金と寄るのでは働きが悪く、後手の拠点も残ったままなので、▲7六金と歩を取るしかない。それが結果的に「金は斜めに誘え」となっており、8七の打ち込みが残っている先手玉はかなり危険な形となった。
関連格言

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -