【将棋格言】
金底の歩、岩よりも堅し

格言一覧リンク

「金底の歩、岩よりも堅し」の読み方

きんぞこのふいわよりもかたし

「金底の歩、岩よりも堅し」に関連する主な駒

「金底の歩、岩よりも堅し」の出現頻度

★★☆☆☆

「金底の歩、岩よりも堅し」の説明

自陣の1番手前に歩、その1つ上に金がある状態は、相手の飛車による横からの攻めに対して強いうえに、金駒は1枚しか使っていないため駒の効率が良い受け方である、ということ。
その筋に歩がある場合には当然打つことができないので、あらかじめ相手に取らせておく必要がある。また、底歩を打った筋では二歩に注意しなければならない。

「金底の歩、岩よりも堅し」の例

【将棋格言】「金底の歩、岩よりも堅し」となる部分図

[図1]

上の [図1] は、△8九飛成と成り込まれて、7八の金取りとなっている部分図。▲6八金と寄る手はあるが、竜の横利きは消えていない。
竜の横利きを遮りつつ受ける場合、▲7九角や▲7九桂では、金に紐が付かないため、△7八竜と金を取られてしまう。それ以外の駒を7九に打つならば金に紐は付くが、▲7九飛は飛車交換拒否で△8二竜と引かれてしまうと、打った飛車の働きが悪いので非常にもったいない。▲7九金打・▲7九銀・▲7九香もやはり戦力ダウンが気になる。ここは「金底の歩、岩よりも堅し」で▲7九歩と打つのが良く、最も安い駒の消費で▲7九銀に近い守備力を得ることができる。
【将棋格言】第67期王将戦七番勝負 第6局 久保利明 王将 vs 豊島将之 八段の対局で「金底の歩、岩よりも堅し」となった局面

[図2]

上の [図2] は、第67期王将戦七番勝負 第6局 久保王将 vs 豊島八段で、99手目に先手の豊島八段が▲2二飛と打った局面。後手は4二の金取りを受ける必要があるが、△3二歩や△5二金寄よりも、△4一歩と打てば「金底の歩、岩よりも堅し」となる。4一の歩と4二の金が外堀のような役割を果たし、歩1枚で先手の飛車の働きが弱くなった。

「金底の歩、岩よりも堅し」に関連する手筋

「金底の歩、岩よりも堅し」に関連する格言


 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -