詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第27問】

目次

3手詰の問題【第27問】

3手詰の詰将棋の問題(第27問)

[第27問]





(もう少し下に解答・解説があります。)





第27問の解答・解説

3手詰の詰将棋の解答(第27問)

[第27問の解答]

▲2一桂成 △同玉 ▲2二金 までの3手詰。

初手に▲2一金と打ってしまうと、△1二玉と寄られて、有効な王手が続きません。
実戦でも同じですが、持ち駒が1枚しかない局面で、
王手は追う手」となる指し手は控えたいです。

持ち駒の金を温存するならば、3三の桂を動かすしかありませんが、
▲4一桂成は、数少ない攻め駒が離れてしまうので、戦力不足になります。
△3三歩と突かれても、△3三金のようにしっかりと合駒を打たれても詰みません。

よって、初手は▲2一桂成しか有効な王手が残っていませんが、
これが両王手となり、玉を動かすしかないので、3三に合駒をする余裕がありません。

対して△1二玉は▲2二金でも詰みますが、▲2二成桂でも▲2二馬でも詰みで、
持ち駒が余る可能性があるため、変化手順となります。

2手目は△同玉に、3手目▲2二金の頭金が正解手順です。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -