【将棋用語】
不利

将棋用語一覧リンク

「不利」の詳細

将棋用語
不利
読み方
ふり
説明
相手の主張の方がわずかに通っており、少し指しにくい局面の様子。「有利」と反対の意味になる。
形勢が悪いという意味で使われる言葉の中では「劣勢」よりも差が小さく、「敗勢」よりはかなり差が小さいが、それぞれ明確な基準はない。
銀桂交換の駒損をしている、相手よりも角が働いていない、相手よりも駒組みが遅れている、というような要素にだけ差が付いている場合は「不利」と判断されることが多い。相手が最善手を指し続ければ、形勢は徐々に悪化しやすいが、相手が次善手を1度指しただけで互角になることも多く、微差であると言える。
用例
「後手の駒組みに制約があるので、先手有利の局面だ。」
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -