【将棋用語】
受け切る

将棋用語一覧リンク

「受け切る」の詳細

将棋用語
受け切る
読み方
うけきる
説明
相手からの攻めに対応して、それに続く有効な攻めがなくなった状態にすること。
一般的に、無理気味な攻めは攻める側が駒を犠牲にすることが多いので、「受け切った」側は、相手玉を一切攻めていない状態であっても、駒得によって、形勢が良くなっていることがほとんどである。そのため、「受け切られて」投了することもしばしば見受けられる。特に、攻めている側が穴熊の場合、受け切られてしまうと「穴熊の姿焼き」と言われる状態になる。
用例
「持ち駒を投入してしっかりと受け切る。」
「受け切られないように攻めの拠点を増やして力を溜めておく。」
関連用語
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -