【将棋用語】
手筋

将棋用語一覧リンク

「手筋」の詳細

将棋用語
手筋
読み方
てすじ
説明
将棋の対局のおける過去の経験に基づいて、良い可能性が高いとされている攻めや受けの手、あるいは手順。また、それらに名前を付けたもの。
特に短文でまとめられたものは「格言」と言われるが、その手順は「手筋」でもある。
将棋には非常に数多くの手筋がある。名前が付いている指し手や手順のほとんどは手筋の1つであるが、名前が付いていないものも数多くある。
例えば「突き捨て」や「垂れ歩」はそれぞれが手筋の1つであるが、「突き捨て」の後に「垂れ歩」を打つような一連の手順について「この手順は手筋です」のように言う場合もある。
「部分的な手筋」と言われる場合、良い手(手順)であることも多いが、持ち駒やその範囲外にある駒が影響して悪い手(手順)となる可能性もある。
用例
「底歩は受けの手筋だ。」
関連用語
関連手筋

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -