【将棋用語】
歩切れ

将棋用語一覧リンク

「歩切れ」の詳細

将棋用語
歩切れ
読み方
ふぎれ
説明
持ち駒に歩がないこと。
「歩のない将棋は負け将棋」という格言があるように、中盤以降で持ち駒に歩がないと、攻めにも受けにも苦労することが多くなる。
例えば、自分が「歩切れ」の状況では香を打たれると、歩の合い駒ができないため「田楽刺し」になってしまい、駒損に繋がるようなことがある。
用例
「中盤以降、ずっと歩切れに苦労した1局だった。」
関連手筋
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -