【将棋用語】
開き王手

将棋用語一覧リンク

「開き王手」の読み方

あきおうて

「開き王手」の説明

盤上で対局者Aの飛車(竜)・角(馬)・香と、対局者Bの玉の間に、対局者Aの駒が1枚あるときに、対局者Aがその間にある駒を動かし、飛車(竜)・角(馬)・香による駒の利きを通して王手をかけること。将棋の手筋の1つ。
詳細は手筋「開き王手」の項目を参照。

「開き王手」の用例

「開き王手の筋があるので、あらかじめ玉を早逃げしておく。」

「開き王手」に関連する用語

「開き王手」に関連する手筋

「開き王手」に関連する格言


 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -