【将棋手筋】
一間竜

手筋一覧リンク

「一間竜」の詳細

手筋名称
一間竜
読み方
いっけんりゅう
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
玉から前後左右のいずれかに1マス離れた地点に相手の竜がいる状態。
特に、玉と竜の間に合駒をして竜の利きによる王手を防いだとしても、その間にある駒の隣に、さらに王手で駒を打つことができるような場合に使われることが多い。この場合、玉と竜の間にある駒は動くことができない(動くと竜で玉を取られてしまう)ため、王手で打った駒を取り返すことができない。
玉に対して竜の性能が最大限に発揮されていることから、それを上回る受け方が難しく、詰めろや必至になりやすい形である。
好手例
【将棋手筋】相手玉の横から「一間竜」の形となった局面

[図1]

上の [図1] は、横位置の関係で「一間竜」の形であり、後手が2二に何を合駒しても、▲2三金の1手詰である。後手が2二に打った合駒で2三の金を取ると、3二にいる竜の利きで玉を素抜かれてしまう。この部分図では△1三玉とかわしても、▲2三金の1手詰であり、受けはない。
尚、上の [図1] に加えて、2二に玉側の歩があって王手がかかっていない状態である場合も、形としては条件を満たしているため「一間竜」と言う。この場合、先手の手番であれば、▲2三金の1手詰であることに変わりはないが、後手の手番であれば、△2三銀のように打てば詰めろを受けることができるという違いがある。
【将棋手筋】相手玉の前方から「一間竜」の形となった局面

[図2]

上の [図2] は、縦位置の関係で「一間竜」の形であり、後手が2二に何を合駒しても、▲3二金の1手詰である。後手が2二に打った合駒で3二の金を取ると、2三にいる竜の利きで玉を素抜かれてしまう。この部分図では△3一玉とかわしても、▲3二金の1手詰であり、受けはない。
【将棋手筋】広い意味では「一間竜」ではあるが、あまり「一間竜」とは言われない局面

[図3]

上の [図3] は、広い意味では一間竜の形であるが、後手が5二に合駒をすれば、しっかりと受け切っている。このように、有効な攻めが続かない場合、「一間竜」と言われることは少ない。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -