【将棋手筋】
退路封鎖

手筋一覧リンク


「退路封鎖」の詳細

手筋名称
退路封鎖
読み方
たいろふうさ
主な関連駒
出現頻度
★★★★
説明
相手玉の逃げ道に駒を捨てて、相手玉以外の駒で取らせることによって、相手玉を逃げられないようにすること。
ルール上、将棋は自分の駒を取ることができないため、玉が逃げる際には邪魔になることがある。「退路封鎖」はそれを狙った手筋である。相手玉が狭くなるので、「玉は包むように寄せよ」という格言と実行しやすくなる。
好手例
【将棋手筋】「退路封鎖」の手筋で相手玉を寄せることができる部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が▲4二金~▲3二金と王手していけば調子が良さそうには見えるが、後手玉にも△2二玉~△1三玉と調子良く逃げられてしまう。ここは▲1三銀と打つのが「退路封鎖」の手筋で、後手が△同香や△同桂と取ると1三からの逃げ道がなくなるので、今度こそ▲4二金~▲3二金~▲2二金と王手していけば詰みである。この場合、▲1三銀を取らなくても、後手は▲4二金と▲2二金の詰みを同時に受けることはできないので、▲1三銀と打った時点で後手玉に必至がかかっている。
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -