【将棋格言】
と金の遅早

格言一覧リンク

「と金の遅早」の詳細

格言名称
と金の遅早
読み方
ときんのおそはや
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
と金は1マスずつしか動くことができないが、角取りや銀取りのように動くと、相手は駒損を避けるために駒を逃げざるを得ないことが多い。そうすると、自分だけが攻めていることになるため、早い攻めになることが多い、ということ。
好手例
【将棋格言】第66期王座戦五番勝負 第1局 中村太地 王座 対 斎藤慎太郎 七段の対局で「と金の遅早」となった局面

[図1]

上の [図1] は、2018年9月4日に行われた第66期王座戦五番勝負 第1局 中村太地 王座 対 斎藤慎太郎 七段の87手目に先手の斎藤七段が2三にいた と金を「と金の遅早」で▲3二と と動かした局面。先手は少々攻め駒不足であるが、と金の応援が間に合えば手厚い攻めとなる。後手も攻め駒不足なので、先手の無理攻めを期待しているのだが、確実な攻めを見せられてしまうと、勝つためには攻め合いしか選択肢がなくなってしまう。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -