【将棋格言】
三歩持ったら端に手あり

格言一覧リンク

「三歩持ったら端に手あり」の詳細

格言名称
三歩持ったら端に手あり
読み方
さんぷもったらはしにてあり
主な関連駒
出現頻度
★★★★
説明
端は桂や香で守っているものの、どちらも後ろに戻ることができない駒である。歩を垂らしたり叩いたりすることで端は崩しやすい、ということ。
持ち駒に4歩あったり、桂があったりすれば、端攻めがうまくいく可能性はさらに高くなる。尚、持ち駒が2歩でも、少し細い攻めになったり、手抜きされる可能性が高くなったりするが、端攻めが成立する場合はある。
好手例
【将棋格言】「三歩持ったら端に手あり」となる部分図1

[図1]

上の [図1] は、居飛車の部分図。攻め駒が少ないので何もなさそうに見えるが、先手の持ち駒に歩が3枚ある。ここは「三歩持ったら端に手あり」で▲1五歩と突く手が成立する。後手は△同歩と取るが、▲1三歩と垂らすのが継続手(下の [図2] )。
【将棋格言】「三歩持ったら端に手あり」となる部分図2

[図2]

1三の歩を放置すると▲1五香~▲1二歩成と攻め込むことができる。△同桂は▲1四歩と打てば桂が捕まっているので、取るならば△同香だが、▲1四歩とさらに香を吊り上げて、▲2四歩 △同歩 ▲同飛と進む(下の [図3] )。
【将棋格言】「三歩持ったら端に手あり」となる部分図3

[図3]

これで△2三歩と打たれても▲1四飛と香を取ることができるし、1筋からの飛車の成り込みを防ぐこともできない。最初に歩が多く必要ではあるものの、厳しい攻め筋である。
【将棋格言】「三歩持ったら端に手あり」となる部分図4

[図4]

上の [図4] は [図2] から△同香 ▲1二歩と進んだ部分図。次の▲1一歩成が受からず、2一の桂や1三の香を と金で取る狙いがある。端攻めには、吊り上げた香を直接狙うだけでなく、香の裏を狙う手順もある。尚、後手から他に速い攻めがあると、▲1三歩の垂らしが手抜きされる恐れがある。その場合は、歩が1枚多く必要になるが、▲1三歩の前に▲1二歩と直接叩くことで端攻めのスピードアップを図ることができる。
【将棋格言】第68期王将戦七番勝負 第3局 久保利明 王将 対 渡辺明 棋王で「三歩持ったら端に手あり」とされた手を指した局面

[図5]

上の [図5] は、2019年2月6日から7日にかけて行われた第68期王将戦七番勝負 第3局 久保利明 王将 対 渡辺明 棋王の49手目に先手の渡辺棋王が▲9五歩と突いた局面。「三歩持ったら端に手あり」は攻めとして成立する可能性がより高い表現となっているため、実際は持ち駒が2歩でも成立する場合はある。本譜は、現状で先手が1歩しか持っていないが、直後に3五の歩を取ることで1歩を補充できることを見越している。9筋からは先手玉の方が後手玉よりも1マス遠い位置にいるため、端攻めによる反動が少なく、後手が△9五同歩と応じるしかないこのタイミングで▲9五歩と突くのが最善であった。
このように実戦における端攻めのタイミングは非常にシビアである。早すぎると、端をそのまま逆襲されたり、歩をたくさん渡すことで相手の攻め筋が増えたりする。そして遅すぎると、突いた端歩を(同歩と取らずに)手抜きされてしまう恐れがある。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -