【将棋格言】
桂は控えて打て

格言一覧リンク

「桂は控えて打て」の読み方

けいはひかえてうて

「桂は控えて打て」に関連する主な駒

「桂は控えて打て」の出現頻度

☆☆☆☆

「桂は控えて打て」の説明

桂は2つ前方の段に利いているため、攻める際の機動力が高い。そのため、次に跳ねる手が厳しくなる場所に打っておくことで、桂を取られる危険性が低い状態で、攻めの力を溜めることができる、ということ。
また、次の桂跳ねで金駒の両取りがかかるような狙いがある場合、相手にとっては駒損となるため、受けてもらえる可能性は高い。そして、相手が桂跳ねを防いだ結果、当初の狙いがなくなったとしても、桂という戦力を手順に盤上へ投入できている点はプラスであることが多い。
「控えの桂」という手筋と同じことを表している。

「桂は控えて打て」の例

【将棋格言】第32期竜王戦七番勝負 第2局 広瀬章人 竜王 対 豊島将之 名人で「桂は控えて打て」とされた手を指した局面

[図1]

上の [図1] は、2019年10月23日から24日にかけて行われた第32期竜王戦七番勝負 第2局 広瀬章人 竜王 対 豊島将之 名人の82手目に後手の豊島名人が「桂は控えて打て」で△6四桂と打った局面。次に△5六桂と跳ねれば金の両取りになるうえに、「敵の打ちたいところに打て」で▲6四歩を防いでおり、絶好の攻防手となった。
【将棋格言】第45期棋王戦五番勝負 第1局 渡辺明 棋王 対 本田奎 五段で「桂は控えて打て」とされた手を指した局面

[図2]

上の [図2] は、2020年2月1日に行われた第45期棋王戦五番勝負 第1局 渡辺明 棋王 対 本田奎 五段の80手目に後手の本田五段が△2四同歩と応じた局面。本譜は「桂は控えて打て」で▲3六桂と打った。先手は、寄せにいくタイミングで▲4二馬と飛車を取りたいが、△同金引となると、金2枚の横並びが飛車に強くて厄介である。そのため、▲2四桂か▲4四桂と跳ねる手を用意しておけば、 いずれも3二の金取りになるので、手順にその好形を崩すことができる。

「桂は控えて打て」に関連する用語

「桂は控えて打て」に関連する手筋

「桂は控えて打て」に関連する格言


 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -