【将棋格言】
玉の守りの金を攻めよ

格言一覧リンク

「玉の守りの金を攻めよ」の詳細

格言名称
玉の守りの金を攻めよ
読み方
ぎょくのまもりのきんをせめよ
主な関連駒
出現頻度
★★★★
説明
相手玉を寄せる時には、その近くの金を取るように攻めれば、持ち駒に金を増やしながら、相手玉を薄くすることができるので、寄せやすくなる、ということ。尚、相手が囲いの金を取られないように逃げてもと、攻め側の拠点が残ったり、陣形が崩れたりするので、得なことに変わりはない。
好手例
【将棋格言】第67期王将戦七番勝負 第3局 久保利明 王将 vs 豊島将之 八段の対局で「玉の守りの金を攻めよ」となった局面

[図1]

上の [図1] は、第67期王将戦七番勝負 第3局 久保王将 vs 豊島八段で、83手目に先手の久保王将が▲5一銀と打った局面。後手は6二の金が守りによく利いているので、有効な王手はかからず、詰みもない。しかし、逆に6二の金さえいなくなってしまえば、有効な王手がかかるようになり、詰み筋も出てきて寄せやすくなる。そこで「玉の守りの金を攻めよ」で金取りに打った▲5一銀が厳しい手となった。
【将棋格言】第43期棋王戦五番勝負 第3局 渡辺明 棋王 対 永瀬拓矢 七段で「玉の守りの金を攻めよ」という格言通りの手が有効な局面

[図2]

上の [図2] は、第43期棋王戦五番勝負 第3局 渡辺明 棋王 対 永瀬拓矢 七段の対局で、77手目の局面。後手玉はまだまだ寄らないので、▲4一角や▲7一角と打って「玉の守りの金を攻めよ」の格言通りに攻める手が良い。尚、このような角を打つ時は「金をかわされても大丈夫か」「簡単に角を捕獲されないか」ということをしっかりと確認する必要はある。
関連用語
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -