【将棋格言】
玉の早逃げ八手の得

格言一覧リンク

「玉の早逃げ八手の得」の詳細

格言名称
玉の早逃げ八手の得
読み方
ぎょくのはやにげはってのとく
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
王手をされる前に、相手の攻め駒から玉を遠ざけておくことで、追い詰めや退路封鎖などの寄せがしにくくなり、その分、手得をしたことと同様の勘定になる、ということ。
さすがに8手という数字を真に受けてはいけないが、勝ち負けに直結するような手である可能性が高い反面、見落としやすいので、攻め合いになっているギリギリの終盤戦ではしっかりと意識しておいた方が良い。
好手例
【将棋格言】第65期王座戦五番勝負 第3局 羽生善治 王座 対 中村太地 六段で「玉の早逃げ八手の得」を実現した局面

[図1]

上の [図1] は、第65期王座戦五番勝負 第3局 羽生善治 王座 対 中村太地 六段で、76手目の後手の手番。△7五歩のように攻めていきたいところだが、後手玉が3一にいるため、▲7一飛~▲7五飛成のように王手で駒を取られてしまう変化がある。ここは△2二玉が「玉の早逃げ八手の得」で、▲7一飛が王手にならないため、先手玉を攻めやすくなった。
【将棋格言】第3期叡王戦決勝七番勝負第1局 金井六段vs高見六段で「玉の早逃げ八手の得」を実現した局面

[図2]

上の [図2] は、第3期叡王戦決勝七番勝負 第1局 金井恒太 六段 対 高見泰地 六段で、60手目に後手の高見六段が△6二玉と玉を早逃げした局面。攻める手もありそうな局面だったが、△6二玉の1手を指すと、6二の銀と7一の金が美濃囲いとして機能してくるうえに、4二の銀は外堀のような存在に変わり、 先手に取られたとしても、手を稼ぐという役割を果たす。玉が5二にいるよりも先手の攻めが1手以上遅れるので、攻める手よりも得になる。実際の手数として8手も得をしていることはないが、価値が高いという意味を込めて「玉の早逃げ八手の得」である。
【将棋格言】第76期名人戦七番勝負第1局 佐藤(天)名人vs羽生竜王で「玉の早逃げ八手の得」とされた手を指した局面

[図3]

上の [図3] は、第76期名人戦七番勝負第1局 佐藤(天)名人vs羽生竜王の91手目に先手の佐藤(天)名人が、2八にいた玉を、▲1八玉と寄った局面。「玉の早逃げ八手の得」で、持ち駒を使わずに△3九角からの詰みを回避しているどころか、有効な詰めろがかかりにくくなっている。
関連用語
関連手筋

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -