【将棋格言】
遊び駒を活用せよ

格言一覧リンク

「遊び駒を活用せよ」の詳細

格言名称
遊び駒を活用せよ
読み方
あそびごまをかつようせよ
主な関連駒
出現頻度
★★★★★
説明
攻めにも受けにも利いていない駒(=遊び駒)を使う手は、好手になりやすい、ということ。
例えば、平手戦で角が遊んでいる場合は、角落ちの将棋を指している状況に近くなる。これでは、同じくらいの棋力の相手に勝つことは難しい。
活用方法としては、相手玉や自玉に近づくように動かすことが多い。しかし、やや離れている場合には、近づけるだけで手数がかかるため、他に有効な手を指せないというマイナスの方が大きくなる。その場合は、相手に取らせることで、手を稼ぐという活用方法もある。
好手例
【将棋格言】第76期名人戦七番勝負 第2局 佐藤天彦 名人 対 羽生善治 竜王で「遊び駒を活用せよ」となった局面

[図1]

上の [図1] は、第76期名人戦七番勝負 第2局 佐藤天彦 名人 対 羽生善治 竜王の対局で、後手が劣勢で手番を迎えた局面。後手は持ち駒が少なく、遊び駒が多い状況である。少しでも逆転の確率を上げるために羽生竜王が指した手は△7三桂。「遊び駒を活用せよ」で、ほとんど機能していなかった8一の桂を跳ねて、持ち駒に桂が増えるようにしながら、何とか6筋の攻めを勢い付けようとした。結果、逆転には至らなかったものの、持ち駒の桂で先手玉に迫り、詰む変化がいくつも生じた。
関連用語

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -