【将棋格言】
銀は成らずに好手あり

格言一覧リンク

「銀は成らずに好手あり」の読み方

ぎんはならずにこうしゅあり

「銀は成らずに好手あり」に関連する主な駒

「銀は成らずに好手あり」の出現頻度

★★☆☆☆

「銀は成らずに好手あり」の説明

駒は、移動元あるいは移動先のマスが敵陣3段目以内であれば、成る権利がある。一般的には成った方が、移動可能なマスが増えるため価値が高まるが、斜め後ろに下がることができるという銀の特性をそのまま残した方がいい場合もある、ということ。

「銀は成らずに好手あり」の例

【将棋格言】「銀は成らずに好手あり」となる部分図1

[図1]

上の [図1] は実戦詰将棋である。初手は3三に銀を動かす両王手になるが、▲3三銀成だと△1三玉 ▲2二飛成 △2四玉で上部に脱出されてしまう(下の [図2] )。
【将棋格言】「銀は成らずに好手あり」となる部分図2

[図2]

よって、[図1] では「銀は成らずに好手あり」の▲3三銀不成が正解で、△1三玉 ▲2二飛成とすれば、2四の地点には銀が利いているので、△2四玉と逃げることができずに詰みとなる(下の [図3] )。
【将棋格言】「銀は成らずに好手あり」となる部分図3

[図3]

移動する銀について、「真横や真後ろ」と「斜め後ろ」のどちらに利いていた方が働くのか、先を読んで判断する必要がある。
【将棋格言】第31期竜王戦七番勝負 第4局 羽生 善治 竜王 vs 広瀬 章人 八段の対局で「銀は成らずに好手あり」となった局面

[図4]

上の [図4] は、2018年11月24日から25日にかけて行われた第31期竜王戦七番勝負 第4局 羽生 善治 竜王 vs 広瀬 章人 八段の89手目に先手の広瀬八段が、6二にいた銀を▲5三銀不成として5筋を突破した局面。成って4三の地点に利かすよりも、成らずに将来的な▲4四銀成を含みにした。
【将棋格言】第31期竜王戦七番勝負 第4局 羽生 善治 竜王 vs 広瀬 章人 八段の対局で「銀は成らずに好手あり」が実った局面

[図5]

上の [図5] は、[図4] から36手進んで▲4四銀成が実現した局面。7三にいる竜の横利きが一気に通ったうえに、△同玉は▲4五歩からの詰みがある。本譜は△2四玉と逃げたが、後手玉間近に成銀が残ったことが大きく、寄せの態勢が整った。

「銀は成らずに好手あり」に関連する用語

「銀は成らずに好手あり」に関連する格言


 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -