【将棋格言】
鬼より怖い両王手

格言一覧リンク

「鬼より怖い両王手」の詳細

格言名称
鬼より怖い両王手
読み方
おによりこわいりょうおうて
主な関連駒
出現頻度
☆☆☆☆
説明
両王手に対しては合駒ができないので、玉を逃げるしかない(片方の駒による王手に対して合駒をしても、もう一方の駒で玉を取られてしまう)。攻め側は駒がよく働いており、受け側は指し手が限定されているため、実戦で出てくると非常に強力な攻め筋になる可能性が高い、ということ。
よって、攻める時には両王手の変化を優先的に狙い、受ける時には両王手の変化を優先的に回避するようにする必要がある。
関連用語
関連手筋

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -