詰将棋:1手詰の問題と解答・解説
【第27問】

目次

1手詰の問題【第27問】

1手詰の詰将棋の問題(第27問)

[第27問]

point
ここがポイント!
飛車の行き先は…




(もう少し下に解答・解説があります。)





第27問の解答・解説

1手詰の詰将棋の解答(第27問)

[第27問の解答]

▲1二飛成 までの1手詰。

問題図からは王手をかけるためには、4二の飛車を動かすしかありませんが、
5三の角の利きが通るので開き王手になっています。

よって、問題は「どこに飛車を移動すれば良いか」ということになります。

まず、▲6二飛成と左側に大きく離れてしまうと、△2一玉で王手が続きません。
▲5二飛成はが良い手で、△2一玉に▲4一竜と角を取ることはできますが、
△1二玉と逃げられてしまうと、持ち駒が角1枚ではとどめを刺すことができません。

終盤は駒の損得より速度」なので、角の入手よりも、玉を逃がさないことが重要です。
この問題では、玉を3一から動かさないことがポイントでした。
竜を二段目に残し、かつ、2一に利かす手は▲1二飛成しかなく、
4二に合駒をすることもできない(無駄合い)ため、詰みとなります。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -