詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第4問】

目次

3手詰の問題【第4問】

3手詰の詰将棋の問題(第4問)

[第4問]





(もう少し下に解答・解説があります。)





第4問の解答・解説

3手詰の詰将棋の解答(第4問)

[第4問の解答]

▲3二桂成 △1一玉 ▲2二成桂 までの3手詰。

相手玉を詰ます際には、なるべく・隅に追いつめることが重要です。
ですから、相手玉よりも中央方面の3二に桂を成る手が正解です。

成桂は金と同じ動きになりますので、
あとは2三の金と連携して寄せていけば詰みとなります。

同じ様でも、3手目に▲2二金とすると、2五にいる飛車の利きが伸びてしまうので、
△同飛と取られて詰みません。
最後の最後まで、盤を広く見て、油断をしないことが重要です。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -