詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第28問】

目次

3手詰の問題【第28問】

3手詰の詰将棋の問題(第28問)

[第28問]





(もう少し下に解答・解説があります。)





第28問の解答・解説

3手詰の詰将棋の解答(第28問)

[第28問の解答]

▲1四飛 △同玉 ▲2四金 までの3手詰。

初手に▲1四金と打って、△1二玉と下段に落としたくはなりますが、
その後、▲2三金 △同銀 ▲同馬 △同玉と清算するくらいしか王手が続かず、
3四の飛車取りになっているなかで、持ち駒が銀と歩なので詰みません。

初手は見えにくいのですが、▲1四飛のただ捨てです。
これは△同玉と取るしかありませんが、危険地帯に呼び込むことができました。
そして、3手目も見えにくいのですが、▲2四金と打てば、
4一の馬の利きがあるので、△同歩とは取れず、詰みとなります。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -