銀矢倉:将棋の囲い

目次

銀矢倉の基本形

下図が銀矢倉の基本形です。
最小構成として、金銀3枚の配置が同じであれば銀矢倉と言えます。
将棋で「銀矢倉」と言われる囲い

銀矢倉の特長

銀矢倉は原則として居飛車の囲いです。
(戦いの途中で中飛車に変化するようなことはあります。)

銀矢倉は銀2枚が三段目に並んでいる形が良く、
上部や斜めからの攻めに対して柔軟に対応できる囲いとなっているため、
特に角交換が行われた相居飛車の戦型において真価を発揮します。

尚、形は金矢倉と似ていますが、角換わり腰掛け銀のような戦いから変化して、
右銀を引き付けることで、結果的に銀矢倉が組みあがるということが多いです。

最初(戦いが起こる前)から銀矢倉を目指さない理由としては、
右銀が所定の位置に移動するまで4手もかかることと、
囲いに参加していない右金だけでは攻めに使いづらいことが挙げられます。
銀矢倉が組みあがった後は、右金で陣形のバランスを取りながら、
少しずつ陣形を盛り上げていくか、相手に攻めさせて反撃を狙う指し方が合っています。

銀矢倉の評価

標準手数14
横の耐久力75 /100
斜めの耐久力80 /100
上部の耐久力80 /100
端の耐久力70 /100
玉の広さ80 /100
玉の遠さ80 /100
囲いの進展性50 /100
陣形バランス80 /100

※弊サイト独自の評価です。戦型や局面によって変動しますし、点数の合計が大きいからと言って必ずしも優れているということではありません。あくまでも目安としてお考えください。

主な相手の囲い

  • 銀矢倉
  • 中住まい
  • 右玉

銀矢倉の主な弱点

攻めの主導権を握りづらい

銀矢倉は囲いに参加していない金駒が金になりますが、
銀よりも攻めに向いていません。
(「攻めは銀、受けは金」と言われています。)

よって、下図のようにバランス重視の陣形を維持して待機することになり、
相手を揺さぶりながら、多少は攻めてもらう必要があります。
「銀矢倉」の注意点1
相手の攻め筋を限定したり、反撃のタイミングを見計らったりする必要があるため、
有段者向けの難しい指し方が求められます。

右銀の右隣に隙あり

銀は左右に移動することができないため、右銀の右隣は駒の利きがありません。
そして、そこは下図のように相手の桂が跳ねてくると
そのまま成り込まれてしまうマスでもあります。
「銀矢倉」の注意点2
中央の三段目は角や桂の連携で攻められやすいので注意が必要です。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -