【将棋用語】
持ち駒

将棋用語一覧リンク

「持ち駒」の詳細

将棋用語
持ち駒
読み方
もちごま
説明
相手から取った駒を、自分の駒として盤上で空いている好きなマスに打つことができるルール、あるいはその状態となっている盤外の駒のこと。
相手の成駒を取った場合、「持ち駒」では表の(成っていない)状態に戻り、成った状態で打つことはできない。例えば、相手の「竜」を取って自分の持ち駒にした後、「飛車」として打つことはできるが、「竜」として打つことはできない。また、ルール上「持ち駒」を行き所のないマスに打つことはできない。具体的には、歩と香を敵陣から数えて一段目、桂を敵陣から数えて二段目以内に打つことはできない。
囲碁・チェス・オセロなどにはない将棋特有のルールで、ゲーム性を複雑にしている要素となっている。
用例
「先手は持ち駒に金と歩を持っている。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -