【将棋用語】
足し算

将棋用語一覧リンク

「足し算」の詳細

将棋用語
足し算
読み方
たしざん
説明
既に自分の駒の利きがあるマスに対して、さらに自分の駒の利きを足すこと。
特に、双方の駒の利きがあって争点となっている場所を、突破しようとするか、あるいは突破させないようにする場合に使われることが多い。立場によって「足し算の攻め」「足し算の受け」のように使われる。
数で優位に立つことは攻防の基本である。
用例
【将棋用語】「足し算」の攻めで端を破る部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が端に攻め駒を集中させているものの、1三の地点は先手と後手の駒の利きが3対3なので、まだ破ることはできない。ここは▲1七香と「足し算」をして、次に▲1三香成からの突破を目指す。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -