【将棋手筋】
合駒請求

手筋一覧リンク

「合駒請求」の詳細

手筋名称
合駒請求
読み方
あいごませいきゅう
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
飛車(竜)・角(馬)・香による1マス以上離れたところからの王手に対して、王手から逃れるために合駒を強要すること。
主に、合駒をしないと詰んだり、寄ったりしてしまうという状況で、仕方なく合駒をすることが多く、それによって王手を受けた側の持ち駒が減り、王手をかけた側の玉の安全度が高まる(詰まなくなる、寄りづらくなる、等)場合に使われることが多い。
好手例
【将棋手筋】「合駒請求」をして自玉を安全にすることができる局面

[図1]

上の [図1] は先手玉に△2八金までの詰めろがかかっている。ここで▲4二飛のように王手をすると、後手は△2二金と合駒をしなければ王手を受けられない。この▲4二飛と打つことが「合駒請求」と言われるが、この局面では、攻めることが、自玉の詰みをなくしているという受けにもなっている。
【将棋手筋】第4期叡王戦七番勝負 第3局 高見泰地 叡王 対 永瀬拓矢 七段で「合駒請求」とされた手を指した局面

[図2]

上の [図2] は、2019年5月4日に行われた第4期叡王戦七番勝負 第3局 高見泰地 叡王 対 永瀬拓矢 七段の投了図。後手玉には王手がかかっているが、△2三銀と引くと▲同角成 △同玉 ▲2二角成から後手玉が詰む。詰みを逃れるならば△2三銀打とするしかないが、これで△5九銀からの先手玉への詰めろが消えたので、▲2二角成と迫る手が間に合うこととなった。実質的に▲1二角と打った手が「合駒請求」になっている。
関連用語
関連手筋

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -