【将棋手筋】
継ぎ歩

手筋一覧リンク


「継ぎ歩」の詳細

手筋名称
継ぎ歩
読み方
つぎふ
主な関連駒
出現頻度
★★★☆☆
説明
歩の突き捨てか打ち捨てによって相手の歩を1つ前進させた後、さらに相手の歩の前に持ち駒の歩を打つこと。
相手の歩が上ずった状態となるため、戦いを仕掛けやすくなったり、相手の歩の裏を狙ったりすることができるようになる。
好手例
【将棋手筋】「継ぎ歩」攻めをする部分図

[図1]

上の [図1] は、▲2四歩 △同歩となった局面から、さらに先手が2五に持ち駒の歩を打って「継ぎ歩」攻めをした部分図。△同歩は▲同飛で銀桂両取りとなる。よって、後手はこの歩を取れないが、次に▲2四歩 △2二歩のように凹ませた形は先手に不満がない。
関連手筋
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -