【将棋格言】
一歩千金

格言一覧リンク

「一歩千金」の詳細

格言名称
一歩千金
読み方
いっぷせんきん
主な関連駒
出現頻度
★★★★★
説明
歩は数が多く、また1つ前のマスにしか動けないため、最も価値が低い駒と言われている。しかし、使い道が最も多い駒でもある。中盤以降で持ち駒に歩が1枚もないと、攻めにおいては、端攻め・継ぎ歩・垂れ歩・歩の打ち捨てなどができない。そして、受けにおいては、飛・角・香で攻められたときに、価値の高い駒を合駒に使わなければならない。
つまり、有効な指し手がグッと少なくなるので、自分の持ち駒には歩があるようにしておくとともに、相手の持ち駒に歩がない場合は、歩を渡さないようにすると良い場合が多い、ということ。
「歩のない将棋は負け将棋」という格言と同じことを表している。
好手例
【将棋格言】第4期叡王戦七番勝負 第3局 高見泰地 叡王 対 永瀬拓矢 七段で「一歩千金」が実感できる局面

[図1]

上の [図1] は、2019年5月4日に行われた第4期叡王戦七番勝負 第3局 高見泰地 叡王 対 永瀬拓矢 七段の63手目の局面。この局面自体は形勢が互角であるが、ここから▲3五角と切って角歩交換をしても、ほとんど形勢を損ねないため、まさに「一歩千金」と言えるほど歩の価値が高くなっている。先手の持ち駒に1歩加わると▲3四歩と叩く攻め筋がかなり厳しい。
関連手筋
関連格言

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -