【将棋格言】
三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩

格言一覧リンク

「三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩」の読み方

さんぷもったらつぎふとたれふ

「三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩」に関連する主な駒

「三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩」の出現頻度

★★★★

「三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩」の説明

持ち駒に歩が3枚あれば、歩の手筋を組み合わせて手を作りやすくなる、ということ。
例えば、垂れ歩は厳しい攻めの手筋であるが、なかなかその隙が生じることはない。しかし、事前に継ぎ歩をして相手の歩を上ずらせれば、手順に実現できることもある。いずれも歩しか使っていないため、大きな駒損のリスクがなく、有力な攻めである可能性が高い。
持ち駒の歩の枚数は中盤以降で強く踏み込む際の目安になる。そして、少し見方を変えると、相手に歩を渡さないようにすれば、相手が攻めに困るので、粘ったり手待ちをしたりしやすくなる、ということでもある。

「三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩」の例

【将棋格言】第3期叡王戦決勝七番勝負第4局 金井六段vs高見六段で「三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩」とされた手を指す局面

[図1]

上の [図1] は、第3期叡王戦決勝七番勝負第4局 金井六段vs高見六段の92手目の局面で、先手の高見六段が手番を握っている。ここで、持ち駒にある3枚の歩を生かして「三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩」で▲2四歩 △同歩 ▲2五歩 △同歩 ▲2四歩と指して2筋に攻めの拠点を作った(下の [図2] )。
【将棋格言】第3期叡王戦決勝七番勝負第4局 金井六段vs高見六段で「三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩」とされた手を指した局面

[図2]

「三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩」に関連する手筋

「三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩」に関連する格言


 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -