【将棋格言】
両取り逃げるべからず

格言一覧リンク

「両取り逃げるべからず」の詳細

格言名称
両取り逃げるべからず
読み方
りょうどりにげるべからず
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
両取りをかけられても、相手は両方の駒を取ることができる訳ではない。どうせ取られるのならば、わざわざ片方の駒を逃げる1手を指さずに、もっと有効な手を指した方が良いことが多い、ということ。
但し、飛車と香のように価値が大きく違う場合には、飛車を逃げることも多い。
関連用語
関連手筋

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -