【将棋格言】
両取り逃げるべからず

格言一覧リンク

「両取り逃げるべからず」の詳細

格言名称
両取り逃げるべからず
読み方
りょうどりにげるべからず
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
両取りをかけられても、相手は両方の駒を取ることができる訳ではない。どうせ取られるのならば、わざわざ片方の駒を逃げる1手を指さずに、もっと有効な手を指した方が良いことが多い、ということ。
但し、飛車と香のように価値が大きく違う場合には、飛車を逃げることも多い。
好手例
【将棋格言】第31期竜王戦七番勝負 第2局 羽生善治 竜王 対 広瀬章人 八段で「両取り逃げるべからず」となった局面

[図1]

上の [図1] は、2018年10月23日から24日にかけて行われた第31期竜王戦七番勝負 第2局 羽生善治 竜王 対 広瀬章人 八段の94手目に後手の羽生竜王が△4七銀と打った局面。部分的には飛車角両取りなので厳しいが、両方を助けることはできないため、どちらかを逃げるだけの手は価値が低い。但し、どちらを取られたとしても少なくとも銀は取り返せるし、飛車と角を両方取られてしまうことはない。先手の広瀬八段は「両取り逃げるべからず」で▲4九金と打った。
関連用語
関連手筋

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -