【将棋格言】
中段玉は寄せにくし

格言一覧リンク

「中段玉は寄せにくし」の詳細

格言名称
中段玉は寄せにくし
読み方
ちゅうだんぎょくはよせにくし
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
攻め駒として多く使う「金・桂・香・歩」は後ろに進むことに向いていない(あるいは進むことができない)。そのため、玉が中段に進むと、詰ましたり寄せたりするのに適した駒が少なくなるため、比較的安全度が高まる、ということ。
相手玉を寄せる場合は「玉は下段に落とせ」という格言に従って、少なくとも中段には逃げられないようにしたい。そして自玉が寄せられそうな場合は、中段に逃げていくようにしたい。
好手例
【将棋格言】第43期棋王戦五番勝負 第1局 渡辺明 棋王 対 永瀬拓矢 七段で「中段玉は寄せにくし」となったが、何とか寄せ切った対局の113手目の局面

[図1]

上の [図1] は、第43期棋王戦五番勝負 第1局 渡辺明 棋王 対 永瀬拓矢 七段の対局で、112手目に後手の永瀬七段が△2四玉と上がった局面。形勢は先手が良いものの、「中段玉は寄せにくし」で、入玉による逆転まで狙っている。(図2へ続く)
【将棋格言】第43期棋王戦五番勝負 第1局 渡辺明 棋王 対 永瀬拓矢 七段で「中段玉は寄せにくし」となったが、何とか寄せ切った対局の154手目の局面

[図2]

上の [図2] は、[図1] の後、攻防が続き153手目に渡辺棋王が▲1四角と打った局面。△同玉と取ると、▲2四金△同竜▲同馬で後手玉が詰んでしまう。手順に自陣まで利いている角を打つことができた。(図3へ続く)
【将棋格言】第43期棋王戦五番勝負 第1局 渡辺明 棋王 対 永瀬拓矢 七段で「中段玉は寄せにくし」となったが、何とか寄せ切った対局の174手目の局面

[図3]

上の [図3] は、[図2] の後、攻防が続き173手目に渡辺棋王が4二にいた馬を▲1五馬に引いた局面。△同銀と取ると、2一の飛車の利きが2七まで通るため、▲1七歩△同玉▲1八飛で後手玉が詰んでしまう。手順に強力な馬を自陣に近づけることができた。(図4へ続く)
【将棋格言】第43期棋王戦五番勝負 第1局 渡辺明 棋王 対 永瀬拓矢 七段で「中段玉は寄せにくし」となったが、何とか寄せ切った対局の投了図

[図4]

上の [図4] は、[図3] の後、攻防が続き189手目に渡辺棋王が▲4九角と打って、後手の永瀬七段が投了した局面。以下、△6九玉▲7九金△5九玉▲6八銀のように詰みとなる。図1から投了まで正確な指し手が続いたものの77手もかかっている。「中段玉は寄せにくし」が実感できる。
関連用語
関連格言

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -