【将棋格言】
桂頭の玉、寄せにくし

格言一覧リンク

「桂頭の玉、寄せにくし」の読み方

けいとうのぎょくよせにくし

「桂頭の玉、寄せにくし」に関連する主な駒

「桂頭の玉、寄せにくし」の出現頻度

☆☆☆☆

「桂頭の玉、寄せにくし」の説明

玉が逃げる時、相手の桂頭に逃げると、桂が邪魔をして頭金のような詰み筋はなくなるため、比較的安全である、ということ。

「桂頭の玉、寄せにくし」の好手例

【将棋格言】第65期王座戦五番勝負 第1局 羽生善治 王座 対 中村太地 六段で「桂頭の玉、寄せにくし」となった局面

[図1]

上の [図1] は、第65期王座戦五番勝負 第1局 羽生善治 王座 対 中村太地 六段で、83手目に中村六段が▲6六玉と上がった局面。後手の理想としては、6五に金駒を打つような手を狙いながら、先手玉の上部を押さえていきたい。しかし、桂がいるので6五に駒を打てず、桂が動くこともできない。6五の桂は▲7七玉や▲5七玉を防いではいるものの、先手玉を詰ましやすくすることへの直接的な働きは少ない。まさに「桂頭の玉、寄せにくし」となっている。
【将棋格言】第69期王将戦七番勝負 第3局 渡辺明 王将 対 広瀬章人 八段で「桂頭の玉、寄せにくし」とされた手を指した局面

[図2]

上の [図2] は、2020年2月8日から9日にかけて行われた第69期王将戦七番勝負 第3局 渡辺明 王将 対 広瀬章人 八段の86手目に後手の広瀬八段が△6五桂と打った局面。先手としては、次に△7七金と打たれてしまうと、玉を下段に落とされるうえに、成桂を作られてしまうので、受けが難しくなる。本譜は「桂頭の玉、寄せにくし」で▲6七玉と上がった。これで△7七金には▲6六玉と桂を取って、上部に脱出することができる。

「桂頭の玉、寄せにくし」に関連する用語

「桂頭の玉、寄せにくし」に関連する手筋


 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -